クレジットカードの審査は申込者の属性情報からスコアリングして、信用判断をします。

クレジットカードの審査-甘い会社と厳しい会社の違い

MENU

クレジットカードの審査とは

 

クレジットカードの審査の方法はどこの会社も同じように行われます。
クレジットカードの入会審査は、申込書の内容と本人確認によって行われ、申込者の職業・勤務年数・住居携帯・年収などからスコアリングし、申込者の返済能力や性格や資産や財産を客観的に評価します。

 

このスコアリングの点数により、申込者の信用判断をします。
その上で、「個人信用情報機関」と言われる「株式会社CIC」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」へ照会します。
個人信用情報機関へ照会する事により、クレジットヒストリーを確認します。
クレジットヒストリーとはクレジットカードの延滞などの事故情報や未入金情報が見受けられると、そこで審査を落ちる事があります。

 

 

クレジットカードによって審査基準が違う訳

解説する男性

クレジットカードは会社によって顧客像が違う為、審査基準が異なってきます。
各会社により、スコアリングの点数が異なってくる為、審査が甘いところと審査が厳しいところが出てくるのです。

 

例えば、ショッピングセンターなどのクレジットカードは、生活密着型で顧客を増やす為にクレジットカードを発行しているため、審査が甘いと言われています。
消費者金融系のカードも、キャッシングを利用して欲しい為に、審査が甘いと言われています。会社によっては即日発行してくれる会社もあります。

 

逆に、大手銀行のクレジットカードは審査が厳しいと言われています。そのかわりカード自体に「ステイタス」になるカードを発行しています。

 

 

クレジットカードを申し込むときの注意

申込書は必ず全て記入しましょう。また、虚偽の情報を記入してはいけません。
同時に複数のクレジットカードを申し込むと、審査に落ちる事がありますので、最低6ヶ月以上あけてから他のクレジットカードを申し込むようにしましょう。