ETCカードには、専用カードとクレジットカード一体型があります。

ETCカードの種類とメリット

MENU

ETCカードはメリットがあるのか

 

ETCカード

 

車での移動が多く、特に有料道路の利用が多い場合はETCカードがとても便利です。
ETCカードとはどのようなもので、またどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

 

ETCカードの種類

ETCカードには、ETC専用カードクレジットカード一体型の2種類があります。

 

ETC専用カード

有料道路の支払いにのみ有効で、他の支払いはできません、
発行は、メインのクレジットカードに発行をしてもらい、引き落としはその発行元のクレジットカードでの引き落としとなります。

 

発行するときに手数料がいる場合と、無料の場合があり、クレジットカード会社により異なります。ETCを利用年会費がかかる場合もあるので、注意が必要です。

 

一体型ETCカード

有料道路の支払いも出来ますが、普通の買い物にも利用ができ、普通のクレジットカードと同じサービスが受けられます。

 

 

ETCカードの便利なところは?

ETCカードの便利な第一の理由は、ドライバーがノンストップで料金所を通過できるという点です。

 

しかも支払いの時にも、スムーズに行え、領収証を受け取るような手間が省けるという点です。
小銭がたまってるけど邪魔くさいのでついついお札でというようなわずらわしさも省けます。

 

ETCは普及しつつありますが、すべてETC対応レーンではありません。
入口がETC未対応だったり、まちがって一般のレーンに行ってしまったときには通行券を受け取り、出口では、一般 または一般/ETCレーンに行き、係員にETCカードを渡し処理を行ってもらうようにします。

 

入口はETCで通過したけれど、出口が一般レーンしかない場合も、係員の人にETCカードを渡せば処理をしてもらえるので小銭を探したりする手間がないということに、変わりはありません。

 

 

お得な特典もある

料金所での手間が省けるという良い点以外にもメリットがあり、
時間帯や、曜日によって野割引の制度があります。

 

  • 深夜割引(0時~4時)
  • 平日朝夕割引(事前登録が必要、後日還元型)
  • 休日割引

 

地方か、都市部での違いもあるので、自分が良く走る有料道路の割引時間などを調べると、お得にになることがあります

 

ETCマイレージサービスに登録することで、ポイントがたまると、このポイントを通行料金に使うことができます。

 

ETCカードの中には、サービスエリアの利用や、パーキングエリアの利用に対してもポイントアップになる場合もあり知らないうちにポイントがたまってるということもあります。