クレジットカードは、浪費を続けキャッシング枠まで使うようになったり、盗難や紛失により、悪用される危険性があります。

クレジットカードの怖い一面性とは?

MENU

クレジットカードの怖い一面性とは

クレジットカードは、上手に利用するとポイントやマイルが貯まり、節約につながりますが気をつけるべきこともあります。

 

  • 使い方を間違えると浪費や借金のもとになってしまう
  • 紛失や盗難
  • ネットでの情報流出による不正利用

などがあります。

 

 

まず挙げられるのは、

利用者がクレジットカードの便利さに金銭感覚が麻痺してしまい、手元に現金が無くても浪費を続けてしまうこと

です。

 

その結果、返済が滞り、ショッピング枠だけではなく、キャッシング枠まで使うようになってしまったりします。
その様になると、借金をするという感覚もマヒしてしまい、キャッシュカードを利用するようになってしまったりもします。

 

また、支払方法も、買い物ごとに1回払いや、分割払いをしていれば、あまり勘違いは起こらないのですが、リボルビング払いを選んでしまうと、平均して返済していくので、返済する額に対する感覚が麻痺して膨大な利子がついていることに気がつかず、だらだら返済することになるということです。

 

分割払いも利息は付きますが、1回の利用に対してそれぞれに利息がつくので、自分が返済している額の中に今回の買い物に対する利息がどの程度ついているのか正確に把握することができます。

 

それに比べてリボルディング払いは、新たな買い物をしても、月々の返済額は変わらず、返済終了までの期間が伸びていくだけなので

  • どの買い物に対してどの程度の利子を払っているのか
  • いつ返済が終わるのかなどの感覚

がマヒしやすいので注意しましょう。

 

 

その他には盗難や、紛失によって、悪意のある他者にクレジットカードを使われてしまう危険性があります。
気がついた時に、すぐにクレジットカード会社に連絡し、利用停止の手続きをしてください。

 

また、最近ではインターネット上で個人情報が流出し、クレジットカードを使用されてしまうことがあります。
ネットショッピングをする際には、信用のおけるサイトを選ぶとともに、パスワードを定期的に変更するなどの注意が必要です。