支払方法を分割にする場合は、できるだけ回数の少ない分割方法を選び、リボリビング払いは避けるようにした方が無難です。

クレジットカードを使って10万円以上の買い物をする時の注意点

MENU

クレジットカードを使って10万円以上の買い物をする時の注意点

クレジットカードには、

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い

があります。

 

 

一括払い

翌月一括払いとボーナス一括払いがありますが、どちらも購入代金を一括で支払うものなので利息は付きません。

 

 

分割払い

決められた回数で分割して支払うもので利息がつき、分割回数が増えれば利息はそれに合わせて増えていきます。

 

それぞれの買い物に対して支払いをしていく方式なので、分割払いをしている途中で、新たな買い物をすると、新しい返済が同時に発生します。

 

 

リボルビング払い

毎月の返済額を定額に決めておくという返済方法ですので、前回の買い物の返済が残っている時に、新しい買い物をしても、返済額は増えません。
前回までの買い物で残っている返済額に、新たな買い物の返済額が上乗せされるからです。

 

従って、自動的に返済期間が延びるので、利息が増えてしまいます。

 

 

細々とした買い物の返済に加えて、10万円以上の買い物もリボルビング払いにしてしまうと、月々の返済は楽ですが、全期間の利息を合計すると分割払いの利息と比べると、かなり多くの利息を払わなければならないということなのです。

 

分割払いの場合、毎月の返済額は、買い物をした金額の分割返済料と利息と単純なので、返済が完了する月が何月であるか明確に把握することができますが、リボルビング払いの場合、どの買い物に対していくらの分割支払いをし、どれだけの利息がついているのか、支払いの完了はいつになるのかということが、把握しにくい上に、返済額を低くしているので、返済中であるという意識が薄くなってしまいます。

 

通常の分割払いであれば、買い物をするたびに返済額増えますが、リボルビング払いの場合は返済額が増えないからです。

 

10万円以上の買い物をしても、月々の返済料金を1万円に設定していれば、1万円しかその月は返済しないので、10万円以上の買い物をしたという実感がわかず、また重ねて高額な買い物を続けてしまうという状態に陥りやすいのです。

 

支払方法は一括がベストですが、分割にする場合は、できるだけ回数の少ない分割方法を選び、リボリビング払いは避けるようにした方が無難です。