クレジットカードは公共料金や携帯料金などあっという間にポイントが貯まり節約に繋がります。

節約するならクレジットカードのポイント還元率を知ってお得に貯める!

MENU

クレジットカードで節約することは出来る?

 

クレジットカード

 

 

クレジットカードを何枚持っているでしょうか?

  • 年会費が高いカード
  • VISAなどブランドがかぶっているカード
  • 作っただけで利用していないカード

など、利用する機会がないカードを見直して整理することをおすすめします。

 

クレジットカードを上手に利用することで様々なメリットがあることをご存じでしょうか?
現金を持たなくても買い物が出来る為に使いすぎが怖いという方もいるかもしれませんが、実は明細が残るのでお金の管理がしやすいというメリットもあります。

 

また、クレジットカードにはそれぞれに付加サービスが付いてきます。
これを賢く利用することで節約することにも繋がるのです。

 

ポイント高還元率カードを上手に使う

クレジットカードを使えば使うほどお得になるのがポイントです。

 

そもそもポイントとは、何に使えるポイントなのか?
どのクレジットカードがよりポイントがたまりやすいのでしょうか。

 

 

クレジットカードのポイントとは

今やいろんなお店でのポイントカードは氾濫し、他の店よりもポイントが高いということを売りに競争をしているという状況です。
クレジットカードもポイント制度があり、使用すればそれだけポイントがつくシステムになっています。

 

クレジットカードの会社により、ポイントシステムの呼び名も違い、条件や還元率も様々です。
そのポイント還元率の高さをウリにしているカードも存在しています。

 

100円につき1ポイントの場合もあれば、1,000円につき1ポイントなど会社により様々ですが、1ポイントはお金に勘定すると一体いくらになるのかという数値が還元率です。

 

多くの会社は0.5~1%に設定されていることが多く、
たとえば、0.5パーセントの場合1,000円につき5円という勘定になります。

 

 

ポイントは何に使えるのか

 

ポイントの使いみち

 

各クレジットカードにより、ポイントの消費の仕方は違いがあり、

  • カタログの中から自分のお目当ての物をポイントと引き換えたり
  • 現金のように買い物に使ったり
  • マイルのたまるANA、JALクレジットカードならばマイルに還元したり
  • Suicaにチャージをしたり出来るカードもあり
  • ネットでのショッピングに良く使うなら楽天カードで支払うとショッピングポイントが2倍になったり

ポイントは様々な形で使うことが可能です。

 

  • 百貨店などで頻繁にショッピングをするのか
  • スーパーでの利用が多いのか
  • ネットショッピングでの利用が多いのか

など自分のライフスタイルを考えて、1番ポイントが溜まりやすいものを選ぶといいでしょう。

自分にぴったりなカードの選び方はこちら

 

ポイントの有効期限

ポイントには

  1. 期間限定のもの
  2. 条件付きで期限が伸びるもの
  3. 期限が来ると消滅してしまうもの

があるので、ためてドカンと一気に使えるのかどうかは良く確かめておきましょう。

 

カード会社からのメール受信の設定などをしておくと、ポイント使用期限がもうすぐですというお知らせなどが来ると思います。

 

今やクレジットカードで、何でも払うことができます。

  • 携帯電話
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 家賃
  • 習い事などの会費

などを払うことができるためあっという間にポイントがたまるということも考えられます。
また、カードによっては指定した引き落とし先のポイントが2倍になるというサービスもあるようです。

 

 

カードは1枚か2枚に絞ることが大切

クレジットカードはいくつも作るのではなく、どのクレジットカードが1番自分にメリットがあるかを考えできれば一つに絞ることが大切です。
何枚も持っているとポイントが分散するので、なかなか貯まりません。
また、年会費を払っているのであれば元が取れなければそのお金もバカになりません。

 

せっかくたまったポイントを有効的に使い、計画的にポイントを消費する等にしましょう。

 

一枚では不安だと言う人はサブカードを用意しておくといいでしょう。
いつも使っているカード会社が使えない店舗での支払いや、万が一カードの限度額を越えてしまった場合など、臨時の時に使います。
なので、メインのカードと被らない会社で年会費のかからないカードを選ぶことをおすすめします。

 

ここまでクレジットカードの上手な使い方をご紹介してきました。この他にも、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金に換えることのできる「クレジットカード現金化」というサービスも存在します。